トラックを売りたいと思う方!【基本的な情報を入力するだけで良い】

海外で活躍するダンプカー

模型

インフラ整備と需要

東南アジアを中心とした諸外国でインフラ整備は急ピッチで進んでおり、今後の経済発展が期待できます。インフラ整備で土木・建設関連の進捗が著しく、建設機械やトラック、ダンプカーの中古車の輸入を活発に行っています。インフラ整備でもっとも重要なことは道路整備です。道路整備で買活躍するのが重機やダンプカーですが、日本で使用された日本製の中古重機や中古ダンプカーは非常に人気が高く、意外な高値で流通しています。海外市場では日本で10年使用された車両をその後も長期で使用するケースも多く、中古ダンプカーや中古重機の需要が高いです。ダンプカーの場合、生産が車両と架装という2つの行程があり、車両メーカーより供給を受けた特殊架装メーカーがシャーシにダンパーと荷台を取り付けますので、車両の新車価格は必然的に高額化します。新興国では日本の新車の導入は難しいため、中古ダンプを輸入して使用しています。新車を導入しても、整備技術や整備拠点もなく、すでに中古車の流通が多い、海外市場では中古部品も多く流通しており、中古車の方が都合が良いのです。日本では車検により整備状態が保たれた車が多い理由から海外市場で好まれています。中古ダンプの中でも日本製の車両の人気が集中しており、欧米の車両に比べて耐久性の高さが注目されています。ダンプカーは大量の土砂を積んで過酷な条件で使用されることから、高耐久であることが求められます。ダンパー性能、足回り、エンジンとどの部位をとっても日本メーカーのものづくりが海外製品より1ランク上であると考えられています。日本の中古ダンプカーは海外市場に高く流通します。

Copyright© 2018 トラックを売りたいと思う方!【基本的な情報を入力するだけで良い】 All Rights Reserved.