トラックを売りたいと思う方!【基本的な情報を入力するだけで良い】

日本のバスが高く売れる

車内

ミャンマーでの需要の高さ

一般にバスは導入されてから数十万キロの走行距離に達するまで利用されます。中には80万キロから100万キロに達するまで使用されるケースもあると言われています。ただ、数十万キロ使用されたバスは日本市場での再販はほとんどされず、海外市場に活躍の場を移します。ここ数年ミャンマー経済が成長しつつあり、首都ネピドーやミャンマー最大の都市でもあるヤンゴンでは日本から輸出される中古車が街を走っています。10年前と比べると自動車の流通量は各段に増え、ただし中古車がほとんどです。車を持つ人はまだまだ少なく、多くがバスを使って移動するため、ミャンマーの人にとってバスは重要な移動手段です。経済成長途中のミャンマーでは新車の導入は難しく、新車に搭載された新しいシステムの点検整備技術も乏しいため、日本で利用されたちゅうこ中古バスは非常に貴重な資源となります。これまで使用されていた中古バスを売却するも、車体への宣伝ペイントや年式、走行距離を考えると日本市場での転売はほぼ絶望的です。しかし、海外市場ではミャンマーのように活躍できる国が多いのです。海外流出する中古バスは意外な高値で買取られます。ミャンマーのように中古バスのみが流通している市場では、中古バスに使用する部品も大切な資源となるため、年式、走行距離、程度に関係なく再生部品としての役割も果たすのです。買取り業者には専門的にバスの買取りを行う業者がありますが、ここでの売却をすれば高値で買取りが行われるでしょう。

Copyright© 2018 トラックを売りたいと思う方!【基本的な情報を入力するだけで良い】 All Rights Reserved.